本八幡の整体院より,顔のくすみには「まぐろ+アボカド」

2019/11/30 ブログ
ロゴ

本八幡の整体、風の整体院の岩田です。肌の透明感を高める秘密の料理…それは「まぐろとアボカドのサラダ」です。顔がくすんでしまう原因は3つあります。

1.20代後半から、顔全体に肌色を黒くするメラトニン色素が沈着し始めること

2.血行不良によって、顔色に赤みが不足すること

3.肌の新陳代謝が低下すること

この3つの悩みを一気に解決するのが「まぐろとアボカドのサラダ」です。まぐろは吸収率のよい鉄分が豊富です。顔色を悪くする「隠れ貧血(無自覚な鉄欠乏性貧血)」を改善します。しかも鉄は、メラトニン色素ができる原因になる活性酸素を消す酵素の材料にもなります。肌の色を白くするためには鉄の不足は厳禁です。さらに赤身のまぐろにはセレンが含まれています。セレンは若返りに欠かせない栄養素です。セレンは老化を促す活性酸素や過酸化脂質の働きをストップさせる酵素をつくるのです。

アボカドに豊富なビタミンEは、活性酸素がメラトニン色素をつくるのを強力に打ち消す作用を持っています。しかも、毛細血管の血行をよくします。この作用によって、くすみがある部分の血行がよくなり、顔色に赤みがさしてきます。しかも、ビタミンEは肌細胞の老化をストップさせる働きもあります。また、ビタミンEはセレンの働きをアップさせます。意外なことに、アボカドには食物繊維が豊富です。食物繊維には不溶性食物繊維と水溶性食物繊維の2種類がありますが、アボカドは両方の食物繊維がタップリあり、腸内環境を改善する効果が高い食材です。腸内環境がよくなると新陳代謝に必要なビタミン類がどんどん合成されていくので、体が若返っていきます。