本八幡の整体院より,目尻の小ジワは「ナスの抗酸化力」で消す

2019/09/27 ブログ
ロゴ

本八幡の整体、風の整体院の岩田です。笑うと気になる目尻の小ジワ…ナスを皮ごと食べると、気にならなくなります。なぜなら、ナスはシワの原因の活性酸素をやっつけるからです。笑うと、目尻に小ジワができます。それ自体は自然なことですが、年を重ねるごとに、小ジワがくっきりと目立つようになるから、困ってしまいます。シワができる原因の1つに、活性酸素の悪影響があります。40歳をすぎると、体に老化を促す活性酸素がドンドンため込まれてしまいます。肌は、体の中でも活性酸素のダメージを受けやすい部位です。シワをつくらない、増やさないためには、「いかに活性酸素を打ち消すか」が肝心なのです。そこで、抗酸化力が高く、活性酸素を打ち消す力が強い「ナス」の出番です。なぜ、ナスがよいのかは、ナス特有の紫色をつくる「ナスニン」という色素の効果です。ナスニンは皮に含まれていて、高い抗酸化力を持っています。しかも、ナスは約92%が水分です。煮る、炒めるなどの調理をすると、カサがグンと減って量を食べることができます。ナスニンをタップリ体に取り込むことで、シワの原因になる活性酸素を退治することができるのです。ナスニンには、高い抗ガン作用もあります。ガンの原因の1つに老化があるので、それを防ぐ意味でも、ナスは欠かせない食材と言えます。ナスを一度に食べる量は1~2個です。ナスを食べるときは、思いっきり食べましょう。ナスニンは水に溶けやすいので、さっと洗う程度にしておきます。切ってすぐに調理すればアクは気になりません。ナスニンは油と一緒に食べると抗酸化力が高まります。おススメはナス、肉類、赤ピーマンを一緒に炒める食べ方です。この3つを一緒に食べるとタンパク質とビタミンCが同時に摂れるので、肌のうるおい成分を合成しやすくなります。うるおい成分が増えると、自然とシワは消えて肌にハリが戻ってきます。