本八幡の整体院より,更年期太りには豚肉のタマネギ炒め

2019/09/06 ブログ
ロゴ

本八幡の整体、風の整体院の岩田です。「更年期太り」を防ぐ料理を紹介します。…それは「豚肉のタマネギ炒め」です。更年期太りとは、更年期に特有の肥満のことです。豚肉とタマネギは、更年期特有の肥満を撃退し、血液のダイエット、つまり、コレステロールを下げる黄金コンビなのです。なぜ、更年期は太りやすくなるのでしょうか?その理由は、更年期になると、女性ホルモンが減ってしまうからです。女性ホルモンには脂肪を分解する働きがあります。そのため、女性ホルモンが減ると、体に脂肪がつきやすくなるのです。更年期の症状には、イライラしたり、ストレスが強くなることがあります。このストレス解消法のひとつとして、無意識に食べ過ぎてしまうことがよくあるのです。この2つの理由で、更年期は太りやすくなるのです。豚肉のタマネギ炒めは、豚ロース肉とタマネギを炒めたシンプルな料理です。更年期で食べ過ぎてしまう食材は、ご飯や麵類、果物やスイーツ類といった、「太る糖質」に集中しがちです。しかも、イライラがあるために、食べる量や回数をうまく調節できなくなります。糖質は体に必要な成分ですが、取り過ぎてしまうと体の中で脂肪に変換され、お腹周りについてしまいます。そこで、糖質を分解して燃焼させる効果の高いビタミンB1が豊富な豚肉を食べるのです。ビタミンB1は疲労を回復する効果もあるので、疲れやすい更年期にピッタリです。ビタミンB1は、ヒレ、もしくはもも肉に豊富です。バラ肉やひき肉は脂肪やが多いので避けておきましょう。豚肉に豊富なタンパク質は、食事で摂取したカロリーを体温として発散させる効果があります。タマネギは、特有の刺激臭である「硫化アリル」が、ビタミンB1の効果を最大限に活かす働きをします。しかも、タマネギには、ポリフェノールの一種であるケルセチンが豊富です。ケルセチンは血液をサラサラにする効果があります。更年期は女性ホルモンのバランスが崩れています。ホルモンバランスが崩れると、血液がドロドロになる「高コレステロール血症」になりやすいのです。だからケルセチンをしっかり取り込んでおくことが必要なのです。タマネギには、男性ホルモンを高める働きがあるという研究報告もあります。「豚肉のタマネギ炒め」は、男性の更年期障害にもおススメです。