本八幡の整体院より,「むくみ」にはきゅうりが効く

2019/09/02 ブログ
ロゴ

本八幡の整体、風の整体院の岩田です。体のむくみを取る決定打があります。…「きゅうり」です。体のむくみを取って、スッキリしたボディラインを取り戻しましょう。むくみの原因は2つあります。1つは、疲労です。長時間立ちっぱなしなどで血液やリンパ液が滞って足をむくませます。もう1つは、塩分の取り過ぎです。味の濃いメニューや漬け物、ポテトチップスのような塩味がしっかりついたものを食べたときに、むくみが起こります。疲労の場合は、簡単なストレッチをして、ぐっすり眠れば、翌朝にはむくみが解消します。ただ、塩分の取り過ぎの場合は、むくみが残りやすくなります。塩分の正体はナトリウムです。ナトリウムはカリウムとともに体の水分調節を行っています。ところが、塩分が多すぎる食事や間食をしてしまうと、血液をはじめとする体液のナトリウム濃度が上がりすぎるのです。すると余計な水分が体にたまって体がむくんでしまうのです。余分なナトリウムを体の外に出すのがカリウムです。カリウムをしっかり取り込めば、むくみが解消されます。じつは、きゅうりには、このカリウムが豊富なのです。カリウムは生野菜などに豊富ですが、料理をすれば、調味料の影響でナトリウムのほうが増えてしまいがちです。しかも、カリウムは、ゆでる、煮るという加熱をすると汁に半分以上逃げてしまいます。なので、生でたくさん食べることができる「きゅうり」がむくみ対策にバッチリなのです。きゅうりを食べるには、生でスティック野菜として食べるのが一番おススメです。きゅうりは95%が水分で超低カロリーです。量を気にせず食べることができます。むくみが気になるときは1本まるごと食べましょう。