本八幡の整体院より,食べ過ぎ、飲み過ぎは「枝豆」で帳消し

2019/08/29 ブログ
ロゴ

本八幡の整体、風の整体院の岩田です。晩に食べ過ぎ、飲み過ぎてしまったら…夕食に枝豆を食べましょう。それだけで、前日の食べ過ぎ、飲み過ぎを帳消しにすることができます。枝豆は、食べ過ぎたときの後始末をしてくれるスーパーフードです。後悔して落ち込むよりも、枝豆を食べてスッキリしましょう。食べ過ぎてしまったけれど、運動はしたくないし、かといって食事量を減らすこともしたくない…そんな人の救世主が枝豆なのです。なぜ、枝豆で食べ過ぎ、飲み過ぎを帳消しにできるのでしょうか?じつは、枝豆は「大豆の未熟豆」です。枝豆はれっきとした野菜ですが、枝豆という単独の品種ではありません。大豆として熟す手前の柔らかいものが枝豆です。つまり枝豆は、大豆の栄養と野菜の栄養の両方を兼ね備えた驚きの食材なのです。枝豆は糖質を分解するビタミンB1、脂質を燃やすビタミンB2の両方が豊富です。飲み過ぎのときは、たいていおつまみ類を食べ過ぎています。しかも、おつまみ類には、フライドポテトやピザ、シメのラーメンのように「糖質+脂質」のダブルで太る要素が満載のものが大半です。そこで、糖質と脂質を同時に代謝させてエネルギー源に変えてしまう枝豆の出番です。枝豆を食べることによって、食べ過ぎた糖質と脂質を燃やしてスリムになれます。スイーツ類も糖質と脂質がたくさん入っています。和菓子はとても糖質が多く、洋菓子は糖質と脂質の両方がタップリです。アイスクリームも濃厚タイプは、カップのサイズが小さくても糖質、脂質共に多く含まれています。そこで、食事のときに枝豆を食べるのです。枝豆のビタミンB1とビタミンB2の力を借りて、脂肪をため込まない若い体にしましょう。枝豆の旬は夏から初秋です。緑色の濃い、実がキッチリ入っているものを選びます。枝豆は食事の最初に食べるとダイエット効果が高まります。これは枝豆の豆としての成分の1つである食物繊維が豊富だからです。食物繊維をたくさん食べていると、食事の満腹感が長持ちしやすくなります。つまり、枝豆を食べることで、食べ過ぎを防ぎ、余計な食欲を湧かせない効果があるのです。枝豆は肥満による老化にストップをかける、すごい若返り野菜なのです。枝豆は冷凍でも栄養素に遜色がないので、旬でなければ冷凍食品で代用できます。一度に食べる量は片手一杯程度です。しっかりと食べましょう。