本八幡の整体院より,免疫力を高める栄養豊富な食品

2019/05/24 ブログ
ロゴ

本八幡の整体院、風の整体院の岩田です。免疫力が低下していると、風邪をひきやすくなったり、病気にかかりやすくなります。同じウイルスに接しても、病気になる人とならない人がいるのは、免疫力に個人差があるためです。では、どうすれば免疫力を高めることができるのでしょうか。じつは、そのポイントは「腸内環境」にあります。というのも、人間の体を守っている免疫細胞の60~70%は腸に存在するといわれています。つまり、腸内環境を良好に保つことで、免疫力低下を予防することができるというわけです。食品では、ヨーグルトや漬物などの発酵食品、オリゴ糖などが、腸に良いことが知られています。また、オクラなどのネバネバ食材も積極的に摂りたいです。オクラのネバネバは、腸内で「酪酸菌」のエサとなり、腸の粘膜を修復して免疫機能を高めるのに役立ちます。また、免疫力を高めるには、体に有害な「活性酸素」の発生を抑えることも大切です。活性酸素は、体内に侵入してきたウイルスなどを除去する働きをもつ一方、なんらかの原因で大量に発生すると、正常な細胞を傷つけ、体を酸化させてしまいます。過剰に発生した活性酸素を除去してくれるのが、抗酸化物質です。たとえば、赤ワインに含まれるポリフェノール、ニンジンなどに含まれるβカロテンの「カロテノイド」、春菊に含まれる「フラボノイド」、緑茶の「カテキン」、ブルーベリーに含まれる「アントシアニン」などもその一つです。食事に取り入れやすいのがブロッコリーです。抗酸化物質のカロテンだけでなく、抗ガン作用が期待できるスルフォラファン、ビタミンC、葉酸、鉄などのビタミンやミネラル、食物繊維が豊富に含まれています。免疫力を高めるには、腸に良い食品や抗酸化物質だけでなく、体のエネルギーとなる炭水化物やタンパク質もあわせて摂ることが必要となります。バランスのよい食事に加えて、十分な睡眠と適度な運動を取り入れましょう。これが免疫力を高める一番のポイントといえます。